樹木医

Top >  樹木医(国家資格)とは? >  樹木医(国家資格)とは?

樹木医(国家資格)とは?

このサイトは樹木医(国家資格)になりたい人の為に作られたサイトです

まずはじめに樹木医という職業のご説明をしますね

樹木医とは・・・

名木や古木の保護・治療などに携わる技術者の資格を持つ人のことを指します

1991年(平成 3)より林野庁が行う試験を受け、認定された人です


天然記念物に指定されているような巨樹、名木、老木から、

公園や植物園、街路、個人庭園などの樹木を診断、治療を行ないます


樹木が病気になれば、治療に何年もかける根気のいる職業です

樹齢1000年の樹木を生き返らせる為に、薬を作り、ショベルカーなどを使って

何年もかけて移植する工事の指揮を取る時もあります


ただ、人間のようにいたずらに延命せずに、樹木の最期を見取ることもあります


樹木だけでなく、植樹の剪定の仕方や土壌の管理など、

樹木の周りにも気を配って仕事します


樹木医というのは、「日本緑化センター」が商標登録している名前なので

樹木医と名のりたい時は日本緑化センターの研修を受けて

資格を取らなくてはいけません


でも実務経験が通算して7年以上あることが、研修を受ける条件です

資格を取得すれば、「樹木医登録者名簿」に登録され、

この名簿を元に仕事が依頼されます


最近は女性の樹木医も増えていますよ

『あなたの夢!目標!が叶いますよう、頑張ってくださいね!』

リクルート進学ネット【樹木医】

         

樹木医(国家資格)とは?

関連エントリー

樹木医(国家資格)とは?